朱文金(しゅぶんきん) 第99回金魚品評会

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

朱文金(しゅぶんきん)

やっぱり大きくなると豪華だね~

 

赤白黒青と色んな色が入り

鱗自体は透明鱗という金魚

尻尾は吹き流し尾なのでコメットと一緒かな

 

金魚の鱗自体には青の色素が無いので

内側の色ででるくらいしか青は出ません

しかも青は出にくいので

この朱文金のほうが青が強く出てるので評価としては高いかも

そして鱗には青が出ないので出る場所は背中の部分しかでません

 

この金魚は模様的に真っ黒の個体が出やすく

良い模様はかなり出にくい品種です

 

小さいときよりかなり模様が変化するので

育てがいのある魚だけどね

なので

もうちょっと大きめサイズで模様を見て飼うときは

青がよく出ているのを選ぶのがオススメ

 

育てやすさは和金系なので育てやすい金魚なので

初心者でもかいやすい魚だよ

 

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。