金魚の産卵 稚魚池の水抜き 昔ならではのやり方

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

とりあえず初めにとった1番の卵 和金も出目も順番に池に流していってます

一つは孵化槽が満タンで急きょ つかった たたき池なので

ポンプを使えず

昔ながらのやりかたで水を絞って運びました

基本的な稚魚の水絞りはこれなのよ

なかなか絞れないので

同時に何杯かして

ほっとくと囲いが浮いてきちゃうので適度に沈めながら

ホースの数を増やすと水を絞るのも早いんだけど

囲いが浮いちゃうのよね

 

あんまりほっとけないし

 

まあ綺麗には水を絞れる

たまにしとかないとね

ポンプとかが壊れたときはこれをしないと

なので昔ながらの作業もしっかり覚えとかないと

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。