桜錦(さくらにしき) 第百回金魚品評会

金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

 

春らしい名前を持つ

桜錦(さくらにしき)

 

金魚は名前に桜がつくと 透明鱗系の紅白の事

淡い赤が特徴

錦は江戸錦からの派生だからかな

 

気持ち透けて見えるけど

透明も鱗はちゃんとあるから

 

種類としては新しい種類

やっぱりこの手は上から見てもよし

水槽で飼ってもよしで人気あるからね

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。