金魚の道具 竹の簾(ス)作り 竹編み準備

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

竹も削ったし 糸のも伸ばしたので 次は編む

まずは糸の回収 張ってる状態から片方を切断

 

 

印のついたもう片方をもって作業場へ

 

 

両サイドの軸の竹を持ってきて

糸の端をセロテープで固めて作業のしやすいようにし軸の竹に通す

 

 

編むときに使う重りも持ってきて

糸の片方ずつにおもりを付けて巻いていく

 

 

これを穴のぶん7つせっせと作業

 

 

これをウマと呼ばれる台の上に乗せて準備完了

 

 

いよいよ編んでいきます

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。