塩浴はなぜ良い?塩水浴のやり方・メリット・デメリット

金魚の病気の治療・体調不良に多く利用されている『塩浴(えんよく)』『塩水浴(えんすいよく)』。
塩浴は昔からおこなわれており、金魚の病気の治療や体力回復のための基本的な方法で、かつ、有効的な方法です。

金魚の飼育は「塩に始まり、塩に終わる」

なんて言われることもあるくらい、金魚の飼育の基本となる存在です。

塩浴について、「塩浴はなぜ良いのか?」「正しい塩浴の方法」「塩浴のメリット・デメリット」を解説します。

塩浴をする本当の理由

塩浴はなぜおこなうのでしょうか?

それは

金魚の体にかかる負担を軽減させ、楽な状態・安静な状態にするため

です。

塩浴はなぜ良いのか?

では、なぜ塩浴は良いのでしょう?
それは、浸透圧(しんとうあつ)がかかわってきます。
むむむ…難しい言葉が出てきましたが、簡単に説明すると、

例えば、キュウリの塩もみ
キュウリを塩でもむことで、キュウリの水分を外に出すのが目的ですが、これも浸透圧を利用しています。

例えば、ナメクジに塩をかける
ナメクジに塩をかけることで、ナメクジの水分が外に出て、ナメクジはしぼんでしまいますが、これも浸透圧を利用していますです。

つまり、塩分濃度の高い方から低い方へ水分が移動するという感じでしょうか。

金魚の塩分濃度は0.6%前後、対して、飼育水の塩分濃度は0%

この状況を、人間でたとえると、
人間の塩分濃度は0.85%前後、対して、プールの塩分濃度は0%

プールで目を開けると、目が痛くなりませんか?
これは、塩分濃度の低いプールの水が、塩分濃度の高い目に入ってきて、目が膨張しているため、目が痛くなっているのです。

でも、目薬は痛くなりません。(スーっとして痛みを伴うタイプの目薬もありますが、あれはスーっとさせるのが目的なので)
なぜかというと、目薬の塩分濃度は人間の塩分濃度に合わせてあるためです。

金魚の塩浴は、目薬が痛くないというのと同じような目的です。

通常、金魚の方が塩分濃度が高く、飼育水の方が塩分濃度が低いので、飼育水が金魚の体内に入ろうとしてきます。
健康な状態の金魚の場合、体の表面に粘膜を出すことによって、これをある程度防いでいます。
すべて防げるわけでは無く、体に入ってきた水分は、おしっことして常時垂れ流しています。
つまり、常に粘膜を作る・余分な水分を排出することに体力を使っている状態となります。

が、体調を崩したり、病気になったりすると、粘膜を作る力がそこなわれたり、粘膜を作ること・余分な水分を排出するに力を割くのがしんどくなります。

塩浴にて飼育水の塩分濃度を金魚の塩分濃度に近づけてやると、飼育水が金魚の体内に入ってこようとする力が少なくなります。
そうすると、金魚は粘膜を作ること・余分な水分を排出することに力を割く必要が少なくなり、『楽な状態』になります。

人間で考えると、病気になったときに、良い環境(空気も良く、温度もちょうど良い)で療養するのと、悪い環境(空気がよどんでいて、温度もとても暑いか寒い)状態で療養するのとでは、良い環境で療養する方が治りが早いですよね?それと同じ感じだと思ってください。(少し違いますが(笑))
つまり、塩浴は病気を治療しているのではなく、
金魚を楽な状態にしてあげることによって、体調が回復しやすく、体調が回復することにより金魚自身の力で病気を乗り越えることが出来るということになります。

こう考えると、塩浴はすべての病気に対応可能だが、かならず治るわけでは無いというのも納得できると思います。

これが、塩浴の仕組みです。

塩浴が良いなら、常時塩浴状態で飼育してはダメなの?

塩浴状態が楽なら、体調が悪くないときも、ずっと塩浴状態で飼育すれば良いのでは?と思う人も多いと思います。

結論から言うと、塩浴状態での飼育は可能ですし、実際にされている方もいます。

ただし、デメリットも存在します。

デメリット

  • 体を覆う粘膜が薄くなる
    浸透圧の調整の必要性が少なくなるため、体を覆う粘膜が薄くなります。
    粘膜が薄くなると、寄生虫などが金魚の体内に入りやすくなります
    ※塩浴程度の塩分濃度では、寄生虫・細菌などは殺せません。
     寄生虫・細菌を殺そうとすると、塩分濃度が5%以上必要となりますが、金魚はこの濃度には耐えられません。
  • 病気になったときに回復力を上げる手段が無くなる
    常時塩浴状態でも、病気になることはあります。
    その場合、常時塩浴により常に楽な状態に適応してしまっているため、病気になったときに回復力を上げることが出来なります。

などが上げられます。
それでも、体の弱い金魚・体力の衰えた老魚・病気後の体力回復待ち状態、などの場合は、常時塩浴状態も有りだと思います。

正しい塩浴の方法

飼育水槽とは別に塩浴用にバケツなどを用意します。
飼育水槽で塩浴をしない理由は、塩浴により飼育水槽内のバクテリアが死滅してしまうためです。

バケツにカルキ抜きした水道水を入れます。
水の量は多ければ多いほどよいです。
(水温変化が緩やかになる、水質悪化が遅くなる、ため)

塩浴は基本的に0.5%の塩水を作ります。
※0.5%の塩の量は、こちらで計算できます。→「塩浴時の塩の量:自動計算」

ただし、いきなり0.5%の塩を全部入れないでください!
金魚は環境変化に弱いため、急激な塩分濃度の変化がおこると、それだけで体力を奪われてしまいます。
ただでさえ、体調の悪いときなのに、さらに体力を奪われては本末転倒です。
塩を入れる際は、数時間かけて少しずつ濃度を上げていってあげてください。

金魚をバケツに入れる際も、水合わせ・温度合わせをしっかりとおこなって上げてください。

塩浴で使う塩の種類

食塩

普通の塩(食塩)でまったく問題ありません。
ミネラル分などが混じってない方が安心できます。
(ミネラルが金魚に良い場合もありますが、害をなす場合もあるため、その塩が金魚に適しているか一々調べる必要がある)

メリット

  • どこででも手に入る
  • 安い
  • 混じりっけが無いため、金魚に使用しても大丈夫か調べる必要がない

金魚の塩浴用の塩

少し値段は上がりますが金魚の塩浴用の塩も販売されています。
急激な濃度の変化を抑えるために、少しずつ溶けるタブレット型などもあります。
当店で販売している 金魚用岩塩 も少しずつ溶けるのを目的に使用しています。

メリット

  • 金魚用に調整されている
  • 急激な濃度の変化を抑えられる商品もある

当店で販売している金魚用岩塩

こちらは当店で販売している金魚用の岩塩になります。
粒が大きいため、一度に入れてもゆっくり溶けていくので、急激な濃度の変化を防ぐことが出来ます。
この塩をおすすめの人は 当店で金魚を購入された方 になります。
金魚は環境の変化を嫌います。
この塩は、当店での飼育中や輸送時にも使用しているため、金魚はこの塩に慣れている状態なためです。
また使用実績があるため、安心して使用することが出来ます。

金魚用岩塩
このページを見る

メリット

  • 粒が大きくゆっくり溶けるため急激な濃度の変化を抑えられる
  • 当店で金魚を購入した場合におすすめ
    (当店での飼育時、輸送時にも同じものを使用しているため金魚が慣れている)
    (使用実績があるため、安心して使用できる)
  • 上記の金魚の塩浴用の塩(タブレット)と比べるとかなり安いので、この塩のみを定期的に購入する業者さんもいる。

危険!使用してはいけない塩の種類

スーパーなどで売っている塩ならなんでも良いのか?
実は一番安価な食塩以外の塩はどれも危険性があります
金魚に良かれと思って、ちょっと高い目の塩を買うと後悔することになる場合も…
なぜかというと、一般的にちょっと良い塩はマグネシウムの比率が高いものが多いからです。
マグネシウムの比率が高いと、水が弱アルカリ性→アルカリ性になり金魚にダメージを与えます。

実際に「赤穂のにがり塩」を使用して、金魚が死んだ例が何件かネットに報告されています。

塩浴時のエサ

塩浴の際は、エサは与えない方が良いです。
理由としては、
・金魚は消化器官が未熟なため、体調不良の時にエサを食べると消化不良を起こしやすい。
・塩浴時はバクテリアが以内状態なので、水質が悪化しやすい。
などがあげられます。
エサをあげる場合は、塩浴後3日間はエサはあげず、4日目以降はかなり控えめに上げてください。
※金魚は1~2週間食べなくても大丈夫です。

塩浴の期間

塩浴の期間は、最低3日~1週間ほどは様子を見ます。

塩浴時の水換え

塩浴中はバクテリアが居ないため、水質が悪化しやすい状態となります。
最初の3日間ほどは毎日水替え、その後は2~3日毎に水替えをおこなってあげてください。

塩浴時、塩浴後の注意点

塩浴中は、金魚の様子をしっかり観察してあげてください。

塩浴を終了させる場合、すぐに真水に戻さないでください!
塩浴をしている水に真水を追加していき徐々に濃度を下げては、しばらく置いておく
を繰り返し、徐々に真水の濃度に戻してあげてください。

水槽に戻す場合も、しっかり水合わせ・温度合わせをしてあげてください。
水槽に戻した後、1日間はエサは与えないようにしてください。

塩浴のメリット・デメリット

塩浴のメリット

  • 金魚が楽な状態になり、体力を回復しやすい状態となる。
  • 体調不良やどのような病気にもある程度の効果が期待できる。
  • 白点病・白雲病などの円分に弱い繊毛虫にも有効。
  • 軽度なエラ病の場合、治療効果が高い。
  • 薬と併用することにより、治療効果を高めることが出来る。

塩浴のデメリット

  • 塩の濃度が薄すぎると、効果がほとんど得られない。
    塩の濃度が濃すぎると、金魚はダメージを受けてしまう(最悪の事態もありうる)。
    →そのため水量に対しての塩の量をきっちり計算する必要があります。
     0.5%の塩の量は、こちらで計算できます。→「塩浴時の塩の量:自動計算」
  • 金魚の回復力を高めるだけなので、病気を乗り越えられない場合もある。
    (金魚の生命力に頼る部分が大きい)
  • 細菌性の病原菌には効果がない。
  • 塩水期間が長いと、金魚の体表の保護膜が薄くなってしまう。
    (菌などから守りにくくなる)

金魚の病気の治療について

塩浴は万能な治療法と言われていますが、金魚を楽な環境にして回復しやすくしているだけですので
「すべての病気の治療に効く可能性がある」反面、「すべての病気の治療に効かない可能性もあります」
塩浴を効果的に利用するには薬剤との併用が効果的です。
(塩浴で回復しやすい状態にし、薬剤で原因を断つ)

薬剤を使用するには、病気が何か?を判断することが重要です。
病気が何かわからない場合は「金魚質問BBS」で質問を受け付けています。

金魚の塩浴・病気についての関連ページ

金魚質問BBS

治療方法がわからない場合はこちらで質問してください

このページを見る!
金魚の病気予報

金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

このページを見る!
塩浴時の塩の量の計算(自動で計算)

0.5%って、どれくらいの塩が必要なの?という人はこちらへ
「水槽の大きさから」
「水量(リットル)から」
「水の入ったバケツの重さから」
塩の量を自動で計算することが可能です

このページを見る!

金魚の塩浴についての参考になる動画