大雨対策 古い竹の簾を最後まで使い倒す

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

大雨が降るということで対策

 

今はこのところの晴れで水位が下がってるので

少々の雨でも大丈夫だけど

いかんせん警報が出るかもなんて言ってるので

もし あふれるぐらいに降った場合に備える

 

まあ池は あふれてオーバーフローするようにはなってるんだけど

そのままだと金魚が逃げ出しかねないので

 

 

ここに古い竹の簾を用意します

 

使うとフニャフニャで一部折れたりして

これを身長ぐらいで裁断していって

切り口を結ぶ

すると小さい竹の簾ができる

 

 

これを水の出口に設置

金魚が出ないように より小さな金魚用に

さらに使い終わった藻を置いて準備完了

 

これで台風レベルじゃなかったら問題なし

これから梅雨にも入ってくるからね

 

あっ虫が

ほっといても虫の巣になっちゃうしね

もう ひと仕事

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。