古い竹の簾(ス)修理

金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

竹の簾(ス)は作り終えて少しずつ防腐処理中なんだけど

ついでに現役の竹の簾(ス)が少し折れているので修理

もちろん使ってるのも大事にしないとね

 

 

端から5本から6本折れてるのかな

真ん中だと どうしようもないんだけど端なので

どうしようか考えて

折れた部分は使いようがないので外して

まだスの端の部品が余ってるので

それをあてて紐をくくり直すと

少しだけ短くなるけど問題ない程度だし

とりあえず修理完了

 

 

ついでにつなげる部分もおまけで付けて

少し本体自体がかなり軽く

物自体の力が弱ってるので これも防腐剤につけなおそうかと

これで壊れてくるようであれば

これを数枚に分けて

池の水抜きの部分に金魚が出ないように置くのに使うんだけどね

最後までしっかり使い切ります

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。