金魚の最も簡単な飼い方 金魚研究

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

金魚を飼うには何が必要?

聞かれることの多い質問

 

まあ アクアショップやホームセンターなんかの

金魚飼育セットを買えば

水槽やブロアーなど一式はついてくるので

いけるんだけど

 

じゃあ最低限 何が必要なものはと

思うのが入れ物類(水槽や水鉢)と水

なんだけど 何度かやってみるも

結構 死んじゃう

 

そこでもう少しだけ足して最低限これだけ追加するだけで飼いやすくなると思ったのが

貝殻

 

そう貝殻 アクアショップでもPH調整用として錠剤に固められて売られていいたりするけど

もうちょっと自然の貝殻のほうがいいかな

自然にできた空間にバクテリアが住み着くから

 

そしてどうしても初めに水が変わると金魚が保菌している場合の多い

白点病がでてくるので

エルバージュなどの永久浴(いれっぱなし)のできる抗菌剤かな

 

そうワシの提案する金魚の簡単な最小限の飼い方で必要なものは

入れ物 水 貝殻 薬

で日頃のエサに
水が汚れにくいペレットタイプのエサ

野外の場合は
動物よけと日よけ

これでいけるのではないかと

 

もちろんブロアーや濾過器がないので

飼う量は少しじゃないと無理です

ただ少ないほうが大きくして楽しめるしね

道具は追加していけばいいし

 

濾過しないので飼育水は青水にもなるけれど

ただ水換えはほとんどしなくてもいけました

水の追加も減ったぶんくらい

量によるけど水道水そのまま入れても問題なく

 

きっかけは子供の幼稚園で和金3匹もらってきて

飼ってあげようとコンクリートを練るトロ箱に水を入れて

ちょうどバーベキュー後のサザエの殻が10個ほどあったので 洗ってからそれを入れて

初めだけ薬を入れて

金網で鳥よけだけして

置いてたのよ

一匹は飛び出ちゃって亡くなって

その年の猛暑で暑さよけはしたけど

4年生きてます

 

水も適当で減ったら水道水をジャボジャボ入れる

年に数回 気が向いたときに全変えするときはさすがに

ちょっと置いてカルキは抜くけども そんなもの

 

それで思ったのよこれで十分 飼えるんじゃないかと

翌年も3匹もらってきたので

上記とは別にして タライと水で初期消毒して

同じように置いてたんだけど

そっちのほうは全滅

 

っとなると違いは貝殻しかないので

 

ちゅうことで今年 第百回金魚品評会に出品した金魚と予備用あわして11匹を使って

実験用のジャンボ水槽タライが2つ余ってたので

そこに水を張って

5匹と6匹に分けて投入

 

 

貝殻のサザエが無いのでどうしようか考えて

ふとタニシが湧いた池があるんだけど

中身が入ってると水質に影響が出たり酸素を消費してしまうので

池を干しているさいに いくらか死んだタニシの殻が池に浮いていたので

バケツ1杯ほど回収してきて

洗って消毒してから半分ずつ投入して

 

 

品評会があったのが3月27日だから

そこでもって帰って準備して

初めはトリートメントのおかげか病気は出なかったんだけど

このところの暖かさで19日頃から白点病は出てるかな

そのまま薬で永久浴して

水換えなし 水は少し緑がかって

一回りくらいは大きくなってます

 

とりあえず ひと月 全部 金魚はいてます

ちょっと白点病が気になるところだけど

このまま無事 飼えるようであれば

土佐金や別の高級魚なんかを子供に飼わしてみてもいいかも

 

 

確かに青水は水槽で飼うには見えにくいのでよくないけど

上から金魚を見てるぶんにはそこまで影響なく

 

ただ綺麗に金魚を飼ってる人には

あまり綺麗な飼い方じゃないので

よろしくないだろうけど

 

ちなみにこれが成功すれば濾過器など追加していけば

より飼いやすくなっていくだけで綺麗にも飼えるかなと

あくまでいかにシンプルに飼えるかなので

 

いや~郡山でも金魚を飼おうといろいろおこなわれていて

そこに金魚組合も少し関わっていて

その書類を見るとやはり死なしてるのも多いし

初期に多くの道具を揃えるのが大変とかがあったので

ちょっと考えてみました

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。