末っ子猫 ノア との出会い

2017年11月の話

うちの作業場にある日 黒い子猫が1匹

今までに見かけたことがないので

この子はおそらく捨て猫…
(うちが昔、猫をいっぱい飼っていたのを知ってる人が捨てに来ることがある…)

 

ただでさえ、野良ネコとして生きていくのは厳しいのに、親がおらず子猫1匹のみなので冬を越すのが難しそう…

なので、家族で相談し、うちで保護しようかと考えていた。

ただ、警戒心が異常に強く まったく懐いていなかったので、触れるくらいまで慣れるのを待っていた。

待つのは良いが、寒くなってきて少し焦りが…

 

ある日、よく見てみると、背中の毛が一部ハゲているような感じで。

翌日見ると、それが悪化していた!

この寒い中、毛が抜けると保温できず生死に関わると思い、今までの方針を急遽変更し捕獲作戦を行うことに。

 

さて、どうやって捕まえたらいいものか思案する。

全く近寄ってはくれないが、朝、餌をあげると食べに来てくれるので、そこに網状の罠を仕掛けることに。

 

なにか手頃な物はないか、仕事場を物色しながらあれでもない、これでもない、と。

鳥よけのために池にかぶせる緑の網を使用することに。

 

そのまま網の四方をつり下げると、ヒモとヒモの間が垂れ下がり逃げられる恐れがあるため、四角い網をヒモをつかって袋状に整形。

その四隅に長いヒモをつけ、その端を棒にくくりつける。
(近づくとご飯を食べに来ないため、棒を持って遠くからつり下げられるように)

 

それを毎日餌を与えている場所に設置。

何度かシュミレートしたあと、エサを配置。

しばらくして、エサを食べに来るが、普段とは異なる網を警戒してなかなか近寄ってくれない…

30分ほどじっと待ち続ける…

息を殺し…気配を殺し…まるで獲物狙う狩人の心境…

やっと食べに来てくれるが、警戒してすぐに逃げる状態…

野良ネコの反射神経の良さは十分に実感しており、信じられないスピードで反応して逃げる…

失敗したら警戒して2度目は無い…

心臓がバクバクしている…

 

おもわず、うちで亡くなった猫たちに

「あむ、ゆき、うらら…この猫を保護してあげたいから、成功させて!お願い…」

と、神頼みならぬ猫頼み。

 

3度目に食べに来た時、思いっきり網を引き上げる。

成功した!

気を緩めずすぐに逃げ口を塞ぐ。

そしてそのままダンボールへ。

段ボールごと家へと連れ帰る。

家の猫とすぐに合流するわけにはいかないので、とりあえずお風呂場で様子を見る。

背中の禿げている部分は、血が出ており皮膚病ような感じ。

動物病院に連れて行こうと思ったらタイミングが悪く、今日は定休日…

ダメ元で電話してみたら、今日は手術の予定で病院にいるから見てくれるとの事。

いつもここの動物病院にはお世話になっており非常に助かる。

 

診察・注射してもらい、ノミの薬もやってもらった。

皮膚はパッとみるかぎりは、大丈夫そうだと。

次は月曜日に連れて行く予定。

 

家に帰り、風呂場で1時間ほど膝の上にのせてなでていると、

今までよっぽど1匹がさびしかったのか

ゴロゴロが止まらない

あげくに

頭をこすりつけて

顔をぺろぺろなめてくれるほど

寒い中 知らない場所に捨てられ お母さんもおらず 怪我もしていて でも警戒心を解くわけにもいかず…

こんなにも寂しかったんだなぁ…

と思うと自然と涙が…

これからは幸せにしてやるからな

↓背中の怪我

 

そんなこんなで現在
今ではこんなに無防備に寝てます(笑)

ノア 幸せか?

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

店長ぷに
店長ぷに
金魚すくい本舗の店長ぷに。
主にサイトの管理・注文の受付、管理・発送業務を担当。
1999年から金魚のネット販売を開始する。
このサイト内にて
「サイト全体の作成・管理」
金魚の豆知識
スタッフブログ
などの更新をしている。