金魚の病気 口腐れ病(くちぐされびょう) | 金魚の飼い方 金魚が病気になったら?

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

引用:日本動物薬品株式会社

症状

梅雨の時期から夏にかけて発生し

今年生まれの幼魚がなりやすい

口およびその周辺 更には口膣の中にかけて炎症を起こし赤色または黄色となる

悪化すると幹部組織が潰れ次第に崩壊する

食欲も元気もなくなり最後は衰弱死する

 

治療

抗菌剤による薬浴

経口投与などの治療法もあり

塩分にも弱いため0.5%の塩水浴を併用すると効果が高まります

 

予防

二次感染でなりやすい病気なので寄生虫や外傷などがおこらないようにし

水槽内のアクセサリーなどが魚体を傷つけないように注意してください

飼育数が多いのも傷がつく原因になります

金魚を追加する際は消毒し

菌が増殖する4~5月頃はあらかじめ水槽で薬浴してあげるのも予防になります

 

詳細

エラ病、口腐れ病、尾腐病はいずれも原因菌が同じで

年齢、魚体の大小、地域性を問わずに発生する病気で

白点病の次の起こりやすい病気です

原因菌はフレキシバクタ・カラムナリス菌

菌の発育可能温度は5~30℃

高温のほうが活発に活動します

魚類のエラや体表に僅かな損傷があるとそこから菌が侵入し

カラムナリス菌は水温15℃を超える4月から発生し夏の高温期を中心に発生率も高く

秋の11月頃に終息します

保金魚がいない状態では発病せず

フレキシバクタ・カラムナリス菌の影響をうける魚は多く

ゥナギ・ニジマス・鮎・鯉・金魚・ドジョウ・フナなどにも感染する

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの?
現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見!
金魚の病気は予防が第一!
毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

店長ぷに
店長ぷに
金魚すくい本舗の店長ぷに。
主にサイトの管理・注文の受付、管理・発送業務を担当。
1999年から金魚のネット販売を開始する。
このサイト内にて
「サイト全体の作成・管理」
金魚の豆知識
スタッフブログ
などの更新をしている。