金魚の大きさの調整の難しさを実感

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

今回の金魚池

凄く凄く小さい和金をちょうどいい大きさまで育つように

適度の量に調整して入れ込んだんだけど

最初 少し死んじゃって
(数が減ると大きくなりやすくなる)

気づくと思ってるより大きくなって

どうしようかと餌はあげ続け

 

餌のときにも姿が見えず

いてないかもと その前にスオシで池からすっきり金魚をあげてから

池替えしようかと

とりあえずやってみました

 

 

大きさ的には予定の小赤より一回り大きい姉サイズかなとあげてみると

もう ひと回り大きい和金サイズ

このぐらいの池だと限界サイズじゃないかな…(;´Д`)

 

しかも 餌をしっかり食べてたのか

まるまる太って体表も綺麗だし

見事な親和金

 

親池に追加しようかな…

量もバケツにして2杯ほどとれて

 

よかったスオシしといて

いきなり池替えしたら金魚とるだけで だいぶ苦労してたかも

 

やっぱり作業 怠けちゃ駄目だね

さてこれで池替えできる

予定組まないと

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。