産卵してもらっていた金魚たち(親金魚)ってどうするの?

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

 

産卵期も終わると親金魚の出番は終わり

その後の行方は大きな和金なんかだと釣り堀とか つかみ取り などにいくかな

うちの和金は小さいので それぞれの大きさに合わせて販売していく形

 

もちろん ひとつきほど飼いなおします

ただ昔に比べて産卵後の金魚もそこまで弱らないけど

たき餌をずっと食べてるので

栄養状態もよく魚体も綺麗だし

 

出目金の親はこのまま飼い続けて

来年の親かな 結構 夏始めに死んでいくので

なんだかんだで次の親集めのときには十分の1ほどしか生き残らないし

うちの場合は当歳親 2歳親 それ以上のベテラン親の三種類に分けてる

なんだかんだでベテラン親が一番産んでくれたりするし

来年に使えるように管理

 

高級魚の親はどうなんだろ

また別だと思う

親にするくらいだからかなり高価だけど

産卵もそんなにさせないので

負担も少ないだろうしね

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。