産卵期のため 卵のつけ池の準備

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

産卵期のために卵のつけ池の準備

 

つけ池は卵をとって初めにつけて置く池

初めに孵化槽に入れてもいいんだけど

 

3月後半または4月から卵をとり始めるとして

まだまだ寒の戻りもあるし

夜はだいぶ冷えるときもあるので

さすがに温度が下がりすぎると卵が死んじゃうので

水量の多いところで孵化直前までつけておいて

孵化しそうになったら孵化槽に運ぶ

 

このための卵のつけ池を準備

魚とか何かいてると卵が食べられちゃうので

しっかり綺麗にしないといけないのよ

 

なので早速 綺麗にしようかと水抜き

 

 

いままで大きな池をしていたので

油断してるとあっという間に水がなくなって

2池あったんだけど

まあ そこまで時間がかからず終わりました

きっちり石灰も撒いてちょっと干します

 

 

 

もうちょっとしたら水をいれて

糸を張って卵を置く棚を作ります

 

今年はどうかな ちょっと寒い気もするんだけど

今のところはゆっくりでいいんだけどね

寒の戻りは怖いので

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。