金魚屋と水 | 郡山の水の特徴 雨水 川の水

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

金魚屋と水は切っても切れない関係なので

雨はありがたい

 

池水も徐々に蒸発するので

雨で水位が上がるのもありがたいし

酸素も多く入るしね

そこまで大きく水質も変わらないのもいい

 

デメリットもあるよ

黄砂が交じるとph変わっちゃうこともあるし

雨の日は気圧が下がるので

そのときに多く餌を与えると金魚の調子が悪くなる時がある

なので雨の日はワシは餌の休憩日

 

大和郡山の金魚屋さんは川水がベース

大きな川が2本走ってるし

ため池も多く農家と仲良く使ってる

地下水もとってる

ただ雨は盆地の影響で少ないかも

 

川水はやっぱり水量が多いのがいいけど

入れるのにポンプを使わないといけないのと

ガードしてもいろんなものが入ってくる心配はあるけどね

 

昔 鯉業者さんに聞いたことがあって

大和郡山の水は魚体が黄色っぽくなり

関東の水は黒の色がのりやすく

新潟の水は白が強くでると聞いたことがある

 

金魚にとって水は大事だからね

川や地下水などを使う場合は癖を知っておいたほうが面白いよ

まあ水道は全国的に安定していて使いやすいんだけど。

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。