冬の金魚や 寒い日は部屋の中でコツコツ竹の簾(ス)編み

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

寒波が来るということで

餌もいろいろと休んで

 

ひたすら竹の簾(ス)編みを一日

集中してできたのか一日で一枚 編み終えました

おかげで手袋も破れちゃって

とりあえず完成品も

 

かなり綺麗にできた

今回は何束 竹を使ったのか数えながら

残りで一本できるか確認したかったので

 

だいたい20束あれば一つ作れるかな

あと24束ほど残ってるので

もう一つ作れそう

 

やっぱり寒い日はこう部屋でコツコツしてるのが良いね

でももうすぐ終わりのときが

なかなか終わらないので まだかまだかとしんどいね

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。