金魚屋の道具 竹の簾(ス)作り 編む

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

 

ウマに竹の簾(ス)の端をおいて

さて ここから編み始め

一つ一つ横に竹をはめ込みながら

7つの糸を編んでいく

 

少し進んで

こんな感じで

どんどん どんどん編んでいく

 

寒い日は部屋でできるしねコツコツしてると終わるので

地味に楽しい

だいたい編み終わるのは集中して2日位でできるかな

 

1日にでもできないことはないんだけど

結構しんどい

この作業が嫌にならないようにと考えれば2日くらいでつくるのがいいかな

 

そして重りがまいた糸が無くなってきたら

 

対の端を持ってきて穴に通して結ぶ

そして 余った糸を使って両端の糸に他の竹の簾(ス)と連結できる部分を作って

とりあえず編みは終了となるんだけど

ワシ反対側の両端にも連結作っとくのよ

そのほうがいざ使うとき楽なので

 

ちゅうことでこれを巻き取って

とりあえず完成

 

さて糸をまいて池につけてどんどん作っていかないと

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。