冬の金魚屋さん

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

冬の金魚屋さんは簡単に言うとオフです

 

何もしないわけじゃないんだけど

さすがに極寒の中 外で仕事もしてられないし

天気のいい日は動きたくなるので

いろいろしてるけど

 

おもに事務仕事に道具修理

池修理 コンクリートは温度が低すぎるとできないけど

産卵藻を揃えたり

 

もちろん一年中やってる仕事

餌は毎日あげてるし

たき餌を作って金魚にあげたり

出荷したり

 

そのために金魚を池からあげたりが中心かな

 

秋の池替えが進まないと今ぐらいでも池替えするけど

池が凍ると作業しにくいし

金魚が触れると鱗はとれるし

傷がいくと治りにくいしね

 

本格的に動き出すのはやっぱり産卵期前の2月後半か3月前半ぐらいからかな

産卵に向けて残りの池を綺麗にするので

ビニールハウスを使ってる高級魚を扱ってるところだと

産卵期も早いので動き出しも早いけどね

 

なのでこの時期はちょっとだけゆっくりしてます

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。