金魚の道具 竹の簾(ス)作り 博物館にも展示さてている道具 ウマ  

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

竹の簾(ス)に使う糸にしっかり水を染み込まして

重りをつけて伸ばしたので

 

次は要になる端に使う竹に糸を入れる穴をあける作業

その前に道具を一つとってきます

 

 

道具の名前はウマです

4つ足付いてるからだと思うけど

これ古民具博物館にも同じの置いてたけどバリバリ現役です

 

この上に刻んであるのが糸を通す場所なので

そこに合わして印をつけて

 

ドリルで穴を開けます

 

 

使うときは両端2つづつだけどね

これで準備は整った

次からいよいよ編んでいきます

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。