金魚の稚魚移動

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

そろそろ次の金魚の卵も生み出したし

稚魚たちも元気で動き回ってるので

池の方へ移動することに

今回は出目金の稚魚も移動させるので

使う袋を間違わないように

出目を入れる袋には「出」としるし

なぜこんなことをするか?
小赤の稚魚と出目の稚魚は見た目ではほとんど判別できず、出目の稚魚を運んだ袋に、小赤の稚魚を入れてしまうと、袋にくっついて残っていた出目の稚魚が小赤の池に混じってしまうため
小赤や出目の池に違う種類が入ってしまうと、後で選別し直さなければならない

 

 

これで和金と間違うことはないね

次はさっそく産卵槽から水抜き

今回は出目金池5杯 和金池8杯なので

相当時間がかかるのを覚悟して

まずは出目から

その間に他のホースで水位を半分ほどに下げて時間短縮

 

 

そしてメインはポンプを使って最後まで水を抜く

 

 

それでもバケツ一杯ほどは水が残るので稚魚を水ごと運ぶのよ池まで

どうよ金魚の稚魚いっぱいいるでしょ

 

 

水を絞りきってないから余裕あるけど

運ぶ前は嫁から電話がかかってきてもとれません

 

稚魚に負担をかけないように

一気に池まで

 

そして池でしばらくは自然にすくすく育ててもらってね

 

 

ちょっと緑っぽい水が植物プランクトン

今が一番金魚入ってる状態

 

ここから減ってくるのよね

頑張れ~

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。