金魚屋の道具 竹の簾(ス)作り ふし削り

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

竹の簾(ス)作りで次は節(フシ)削り

竹の節はこれ

 

 

この出てるところを平らに削る

池で作業するときに金魚に傷がつくのを防ぐため

道具はテーブルグラインダーでするので

竹の粉だらけにはなるけど そこまで大変な作業でもないけどね

節を削ってこんなかんじ

 

 

削った後は節抜き

今度は中側の節を抜く

 

 

節をずっと使ってるバットで

太い竹だと大きい方で中くらいは裏で

もっと細いのは鉄の棒で気合一発

 

 

先がよく見える

 

 

なぜ節を抜くかというと

水に沈めるため

次の作業は竹を削り出すので

少しでも柔らかくするために

加工する際に割れにくくなるしね

とりあえずここまでが前半です

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの?
現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見!
金魚の病気は予防が第一!
毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。