金魚の病気予報|10月18日(月)から10月24日(日)

今週の金魚の病気予報

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ

金魚飼育指数

10


10


10


11


11


11


12


12


12


1


病気・体調不良
←低 危険度 高→
水質の悪化
←しにくい 悪化 しやすい→
餌の量
←少なめ 多め→
※最大5段階

上のグラフの1年間バージョンがみたい場合は、こちら↓
金魚の病気、1年間で危険な時期を調べてグラフにしてみた

この時期の注意点

気温が低くなってきます

まだ20度前後であれば金魚には快適な温度ですが

急激な温度変化は

金魚が病気になるきっかけになる場合がありますので

注意してください

 

また温度が下がっているときに今年の夏の飼い始めですと

白点病が出る可能性がありますのでよく観察してあげてください

飼育ポイント

餌は普通にあたえてください

 

野外ですとトンボも多く飛び始め池内にヤゴや

室内でも寄生虫がつき始めますので

水質や金魚の動きに注意してあげてください

 

人が快適な温度のときは

菌なども活動気に入ってきますので

水温が下がったときなど

金魚が病気になりやすいですので注意が必要です

この時期の良い点

金魚がよく成長します

この時期に最も多い病気

この時期に多い病気

✖こういう状況は危ないサイン
  • いつもと違う行動・動きをしている
  • 餌をあまり食べようとしない
  • 隅に隠れて動かない
おかしいな?と思ったら
  • しばらく餌をあげるのを中止する
    金魚は消化器官が未熟なため、体調不良になるとすぐに消化不良をおこします。
    消化不良になると体調不良がさらに悪化します。
    そうならないためにも、体調不良の初期段階で餌を中止し、体調の回復を待ちます。
  • それでも調子が良くならない場合は塩浴もプラスする

 

なぜ金魚の病気予報を始めようと思ったのか?

金魚の病気は、猫や犬などのペットに比べ、まだまだ解明されていません。

外科手術も難しいのが現状です。(少数ですがやっているところはあります。)

万病に効くと言われる塩浴も、実際のところは治療しているのではなく、環境を良くして金魚の負担を減らし、金魚の回復力をあげているだけです。
(人間で例えると、風邪の時に安静にしているような状態です。)

金魚生産者歴20年を超える私が、一番良い病気の対策は何か?と聞かれたら、病気になるまえに予防すること!と答えます。

もちろん、100%防ぐことは不可能です。
(人間でも念入りに注意していても風邪をひくことがあるように)

ですが、少しでも病気になる確率を下げることができればと思い、この金魚の病気予報を始めました。

この金魚の病気予報をしているヒデとは?

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ

金魚生産者歴もすでに20年以上たちました。(1996年から)

金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけています。

積み上げた金魚の知識・経験は膨大です。

この知識・経験が少しでも役に立つようなら幸いです。

一週間後に実際の起こった病気例

以下に、過去の一週間後に実際に起こった病気例を抜粋します。

なぜ、過去の一週間後に起こった病気例を載せるの?

過去の一週間後に実際に起きた事例=今後起こる可能性があるということです。

これを見ることにより、上記予報にプラスし注意する点が浮かび上がってきます。

 

過去の事例を見て、ヒデから一言

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ

以下の事例は、

水質の状態の変化ですかね

 

ただ金魚が弱ってきているからといって

ある程度の掃除はしてあげたほうがいいのですが

フィルターや濾過バクテリアが生息している場所の過剰な掃除は

濾過バクテリアがいなくなり

水質がますます安定しない危険がありますので

 

一気に掃除せず

一つ一つ掃除してあげ

洗う水も水槽の水を使うとバクテリアのダメージも少なく掃除することができますよ

金魚の水槽 水質の悪化? 昨日まで元気だったのですが。また。

■投稿者/ マサケン –(2004/10/15(Fri) 23:26:47)
    • こちらのサイトで皆さんのアドバイスを頂き、
    • 1週間の塩水浴&絶食を経て3匹+ドジョウ1匹が
    • 昨日まで元気に泳いでいました(塩水浴中に1匹&ドジョウ1匹死亡)。
    • ところが今朝になって突然、金魚3匹が土管に入ったまま動きがにぶく、
    • ドジョウはやたらせわしく泳いでいました。
    • いやな予感がしましたが、帰ってきてみるとコメット1匹を残して、
    • 朱文金2匹、ドジョウ1匹が死んでいました。
    • また残ったコメットも尾が溶け出している状態でしたので、
    • すぐに0.5%塩水&グリーンFを入れたバケツに移したところです。
    • 前回の全滅の教訓をいかして、砂利は熱湯消毒し、フィルター付きブクブクも
    • 新しいものに変え、水槽も新しい40センチのを使いました。
    • 水槽の水を抜いてみると多少ですがエサの食べ残しが、砂利の間に
    • 若干残っていましたが、この程度のもので水質が突然悪化してしまう
    • ものでしょうか?
    • となりの水槽で塩水浴5日目の朱文金&コメット1匹づつが
    • 待機中なんですが、どうしていいものか困ってしまってます。
    • いっそのこと、砂利を入れない方がいいのか。
    • わかりにくい表現で恐縮ですが、また皆様のアドバイスを頂ければ
    ありがたいと思っています。ほんとどうしていいかノイローゼになりそうです。
親記事 / 関連記事表示
削除チェック/

 

No.11825/Re[1]: 昨日まで元気だったのですが。また。
■投稿者/ 紅 朱雀 –(2004/10/16(Sat) 01:02:15)
    • こんばんは~♪
    • 金魚の大きさはどれくらいでしょう?
    • 金魚って観賞魚の中でも群を抜いて水を汚すんです、なので一,二匹以上飼育する場合は投げ込み式+他のフィルターという組み合わせをお勧めします。
    • フィルターに吸い込まれても分解されるまではゴミですからね。
    • ホームセンターなんかだと上部式なら2000円程度から、底面式なら500円程度から購入可能です。
    • また、砂利ですがそこまで神経質にならなくても平気だと思います。
    • えさのカスが気になるようでしたらえさを変えるという方法もありますし(^-^)
    • あまり神経質にならないでくださいね!(><)
    • 金魚だってきっと早く治してマサケンさんに元気な姿を見せたいと思っているはずです。
    • ある意味、魚を飼育すると言うのはとても大変だと思います。
    • どんなに心配でも直接触るとことは出来ないし、病気にかかったからといって動物病院に連れて行ったとしても滅多に魚は診察してくれません。
    • 金魚にとって飼い主はえさをくれる人であり、病気になればお医者さんなのです。
    ここで皆さんがどんな事を書いても実行できるのはマサケンさんだけなんです、しっかり頑張ってください!!
記事No.11824 のレス / 関連記事表示
削除チェック/

 

No.11827/Re[2]: 昨日まで元気だったのですが。また。
■投稿者/ マサケン –(2004/10/16(Sat) 07:50:42)
    • 紅朱雀さん、親切なアドバイスありがとうございます。
    • 薬浴&塩水浴中のコメットは少し元気になったように感じます。
    • 薬浴はどれぐらいでやめればいいのでしょうか?
    • あまり長い時間やっていると、やはり金魚に負担がかかるんですよね?
    • あと戻す場合、塩水浴5日目の新しい金魚2匹の水槽に
    入れても大丈夫でしょうか?
記事No.11824 のレス / 関連記事表示
削除チェック/

 

No.11834/Re[3]: 昨日まで元気だったのですが。また。
■投稿者/ 紅 朱雀 –(2004/10/16(Sat) 22:28:25)
    • こんばんは。
    • 薬浴や食塩浴は金魚の調子を見ながらやります。
    • 私は金魚の体の表面やヒレの調子を見ながら戻します。
    • 背ビレの立ち具合は結構簡単に見分けが付きます、元気な時のようにピン!と経てて近づいたときにえさをねだるようなしぐさをすれば大丈夫です。
    • 数日して問題なければ薬や塩を徐々に薄めて真水に戻します。
    • 水量を確保できれば金魚にそこまで負担にならないのでゆっくりやってあげてください、体表が綺麗になって背ビレを立てたからといっていきなり水槽に戻すような事無しないでくださいね(><)
    • また、金魚の同居ですが大丈夫だと思いますよ、ただし同居させる場合は先に入れる金魚はトリートメントを完璧にしてから、後から入れる金魚は完治してからいれてあげてくださいね。
    がんばってくださいね~!!(^0^)/

 

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの?
現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見!
金魚の病気は予防が第一!
毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。