金魚の道具 竹の簾(ス)の最初と最後作り

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
この記事はヒデが書いています。

竹の簾の最初と最後作り開始

これをするということは もうかなり竹も削ったってこと

残り10本以下

 

 

これぐらいになると竹の簾の最初と最後

編み始めと編み終わりを作ります

用意するのはできるだけ太い真っ直ぐな竹

後でドリルで穴を開けるために割れないように幅広く切るので

大きなのじゃないとカーブが出てくるので

真っ直ぐなのは基点が曲がってると隙間ができるので

 

とりあえずいつものように割っていくんだけど広めに裁断

 

いつもの倍ほどの幅にして

これに紐を通す穴を開けます

穴の位置は編むときに使う道具「ウマ」って読んでるんだけど

古民具の博物館にも展示されてたけど現役です

 

 

この上部の印に合わして印

 

 

一つに全部で7つ

ドリルで穴を開けて完成

残り一本で作らなかったのは

竹が真っ直ぐなのか割らないとわかりにくいのと

今回一本から2つで一対なので4枚分とれたんだけど

余分に作っとかないと もう一本できる部品があったときに

作れないので余分にもう2枚分とって

全部で6枚分の両端を作りました

あとは残りを切るのみもう少し

 

この記事を読んだ人はこんなページも見ています

金魚屋ってどんな仕事してるの? 現役の金魚生産者が「日々の仕事」や「金魚の豆知識」を解説。
金魚を飼っている人必見! 金魚の病気は予防が第一! 毎週、金魚の病気について気をつけるポイントなどを解説しています。

 

 

この記事が気に入ったら いいね!してね

投稿者プロフィール

金魚飼育総責任者ヒデ
金魚飼育総責任者ヒデ
金魚の生産・飼育・管理を主に受け持っている。
金魚生産者歴もすでに20年以上(1996年から)
金魚質問BBSへの質問にも20年以上(1999年から)返答しつづけ
積み上げた金魚の知識・経験は膨大
それでも、いまだにわからないことが色々出てきて、日々勉強中&試行錯誤の毎日
このサイト内にて、
スタッフブログ
金魚の病気予報
金魚質問BBS
を更新している。